1億円もの大金を賢く運用するための心得とは

海外口座で運用の利点

女の人

証拠金以上に損失しない

国内のFX業者で運用するのと比べると、海外fxはレバレッジ規制がありませんので、預けた証拠金の何倍もの金額で取引をすることができます。国内業者であれば、レバレッジは法人を除いて最大25倍まで制限されています。例えば、1米ドルを100円の時に1万通貨購入しようとなると、100万円の資金が必要になります。それが、レバレッジを最大25倍で運用した場合、4万円の証拠金があれば取引をすることができます。海外fxの場合、上限がありませんので100倍や400倍で取引をすることができる業者もあるのです。国内業者だと、もしそのようなハイレバレッジで運用して万が一損失を出してしまったら、預けた証拠金以上に損失を出しかねませんので、追加で証拠金を入金しなければならなくなります。海外fxの場合には、追加証拠金なしでトレードをすることができます。海外fxは、顧客の証拠金がマイナスの残高になった場合には、FX業者が損失を被る形で残高を0にしてリセットするサービスを行っています。そのため、どんなにハイレバレッジで、急に為替相場変動があって思わぬ方向に相場が動いてしまっても証拠金以上に損失額が出ることはないのです。日本国内のFX業者を利用されている方の認識であると、ハイレバレッジだとリスクが大きいイメージ、危険だと感じている方が多いのですが、海外fxはハイレバレッジであっても預けた金額以上に損失が出ないことがメリットです。